2006年12月26日

チョコレートダイエット|あるある大事典で紹介

あるある大辞典 チョコレートダイエットが効く人、効かない人
8月20日放送のあるある大辞典チョコレートダイエットが紹介されていました。
チョコレートダイエットに関しては当サイトでも紹介していますが、
チョコレートダイエットとは(別ウィンドウが開きます)

今回あるある大辞典でもチョコレートダイエットが紹介されていました。

あるある大辞典の放送内容は、チョコレートダイエットが効果の出る人と効果の出ない人の違いについて放送していました。
あるある大辞典で紹介されていたチョコレートダイエットのやり方は、カカオが70%以上含まれているチョコレート50gを1日3回食前に食べるという方法です。

あるある大辞典では、チョコレートに含まれているカカオポリフェノール食物繊維がダイエットに効果的と説明していました。

カカオポリフェノールには次の3つの働きがあります。
  1. レプチンを生成して満腹中枢を満たす
  2. アディポネクチンを生成して空腹感を抑える
  3. 基礎代謝をアップさせる
食物繊維は胃腸の調子を整え、便通を改善させます。

あるある大辞典では次の項目にあてはまる人は、チョコレートダイエットの効果が出やすいと結論を出していました。
・間食が多い人
理由:普段から食べているお菓子がチョコレートに変わるため
・40歳以上の人
理由:年齢的に基礎代謝が落ちている
・女性の人
理由:男性よりも基礎代謝が低いため
・便秘気味の人
理由:食物繊維によって便通が促進されるため

これらに1つでもあてはまれば、チョコレートダイエットを試してみる価値があります。


関連記事
チョコレートダイエット あるある大事典で放送
posted by taka at 17:20| 発掘あるある大辞典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする