2006年07月07日

ピーカンバディ 茶樹茸(茶樹きのこ)を使ったダイエット方法

5月27日放送のピーカンバディ(TBS)はキノコを食べて油太りを解消するという内容でした。ピーカンバディでは、現代人は普段から油をよく摂取しているためアブラ味覚になっていると放送されていました。

アブラ味覚とは
油を食べるのが止められない味覚のことで、国民健康栄養調査によると油の摂取量は年々増加し、肥満率も増加しているそうです・・・
ピーカンバディ番組内でのザ・たっちの1日の油の摂取量を計っていましたが、油の摂取量はなんと145gでした。

ピーカンバディではなぜ人はアブラ味覚になるかというと、油をとると脳内にβエンドルフィンという快感物質が出るためと解説していました。
しかし、もちろん油が多い食事を続けると心筋梗塞や、脳卒中などを引き起こす可能性があります。

ピーカンバディでは、私たち人間は本来アブラ味覚ではなく、赤ちゃんのころはダシ味覚だと言っていました。

ダシ味覚とは
しいたけや昆布などのうま味をおいしいと感じる味覚で、太りにくく健康的な状態です。
アブラ味覚に関する最新の論文では、3歳でアブラ味覚になるそうです。しかしピーカンバディでは、ダシの強い食材を食べればアブラ味覚を解消してダイエットにもつながる可能性があると放送していました。

ピーカンバディ番組内では、グルタミン酸が豊富なスーパーきのことして、茶樹茸(茶樹きのこ)を紹介していました。

きのこのグルタミン酸量を比較してみると

・干ししいたけ 200〜300mg
・昆布 1500〜3000mg
・茶樹茸(茶樹きのこ)4620mg


となっており茶樹茸(茶樹きのこ)がグルタミン酸量では群を抜いています。
茶樹茸(茶樹きのこ)を使ったダイエットのやり方としては、1日に200g(生茶樹茸)を上限として火を通して食べる。しかし油を多量に使うような調理方法では効果がありません。

茶樹茸ダイエットの注意点は

・茶樹茸を食べるときは必ず火を通す
・あまり多く食べ過ぎない。食物繊維を多量に含むので、下痢を起こす可能性があります。
・キノコ類はビタミンDを多く含むので腎障害、高カルシウム血症の人は行わない


です。
posted by taka at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | TBSピーカンバディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20941880

この記事へのトラックバック